弁護士加藤英典のブログ

埼玉県所沢市の弁護士のブログです。

袴田事件即時抗告審決定と映画『獄友』

袴田事件について、2018年6月11日に東京高裁の不当決定(原決定取消・再審請求棄却)がでてから、早2か月が経ちました。決定直後はその現実をにわかに受入れることができず、そうは言っても特別抗告申立期限は実質1週間しかないので、特別抗告申立書作成の作業をしなければならず、あっという間に時が過ぎていきました。報道の通り、弁護団は、6月18日には特別抗告申立をし、7月23日にはDNA鑑定に関する補充書も提出しました。弁護団としては、これまでの書面で既に東京高裁決定の不当性は明らかになったと考えていますが、最高裁の実情に鑑み、今後の特別審をどのように戦っていくかを議論しているところです。
ところで、去る8月10日、浦和パルコにて埼玉弁護士会主催の映画『獄友』上映会が開催されました。私も、スタッフとして参加してきました。
『獄友』は、狭山事件石川一雄さんを始めとする「冤罪被害者」の絆を描いたドキュメンタリー映画です。
ドキュメンタリー映画 「獄友」
上映会は大盛況で、上映が終了すると会場内から自然に拍手が湧き上がっていました。
『獄友』では、釈放後の袴田巌さんの日常生活も描かれていました。先日の東京高裁決定は、地裁の再審開始決定を取消しながら、なぜか拘置の執行停止の効力は維持しました。ですが、今後、最高裁が特別抗告申立を棄却するようなことがあれば、刑の執行停止は当然に効力を失い、巌さんは再び拘置されることになります。そのときには、巌さんは、映画で描かれているような浜松でのお姉さんとの生活を突然打ち切られ、再び東京拘置所の確定死刑囚の房に戻らなければなりません。
スクリーンに映し出されている巌さんの日常生活を守るために、これから私は何をするべきなのかを考えながら、映画を観ていました。

2018年ヒロシマ市民の描いた原爆絵画展

原爆絵画展所沢実行委員会は、2018年8月6日(月)から8日(水)の間、所沢市役所庁舎市民ギャラリー(西武新宿線航空公園駅東口徒歩3分)において「ヒロシマ市民の描いた絵画展」を開催しています。
f:id:hidenorikato:20180806190213j:plain
昨年までの会場(小手指市民ギャラリー)が閉鎖され、今年は開催場所が変わっています。展示される絵画は毎年異なりますので、昨年までご来場の方も新しい絵画をご覧になれます。
原爆絵画展所沢開催の経緯等は、昨年のエントリーで詳しく書きましたので、そちらをご覧ください。
hidenorikato.hatenablog.jp
8月4日の東京新聞でも報道していただきました。
www.tokyo-np.co.jp
NHKでも取り上げていただきました。
www3.nhk.or.jp

埼玉県で自転車保険加入が義務化

「埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例」

埼玉県では2018年4月1日に「埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例」が施行され、自転車保険に加入することが義務付けられます。
「埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例」が改正されました~自転車損害保険加入義務化等~(平成30年4月1日施行) - 埼玉県

誰に加入義務があるのか?

加入義務が課されるのは、自転車利用者、すなわち埼玉県内で自転車を利用する者です(同条例11条、1条)。埼玉県民ではありません。例えば、東京都内在住の人が休日にロードバイクで遠出をして埼玉県内を走行するときにも加入義務があります。
自転車利用者が未成年者の場合、自転車利用者本人ではなくその保護者に加入義務があります(同条例12条)。「未成年者」ですから、18歳の社会人が通勤で自転車を利用している場合でも、自転車利用者本人ではなく、その保護者に加入義務があります。

子どもの自転車はどうなる?

小さいお子さんの親からすると「子どもが何歳から加入すればよいのか?」と疑問をお持ちかもしれません。
条例では「自転車」は、道路交通法の定義に従うことになっており(同条例第1条)、道路交通法では「小児用の車」は「自転車」ではないと定義されています(道路交通法第2条第1項第11の2号)。「小児用の車」は、ベビーカー、小児用三輪車、小児用自転車等と解釈されているようです。
具体的な線引きが難しいこともあるでしょうが、小学生が乗るような自転車であれば、「自転車」に該当し、加入義務があると考えた方がよいでしょう。

違反するとどうなる?

条例に違反しても、罰則はありません。自転車保険に加入していなくても、それ自体で何らかの不利益を受けることはありません。

袴田事件最終意見書提出

報道の通り、袴田事件弁護団は、1月19日に東京高裁に最終意見書を提出しました。
最終意見書は本文が150頁で、

  • DNA鑑定と味噌漬け実験に関する証拠を新証拠とした原決定に誤りはないこと
  • 即時抗告審で開示された取調録音テープから違法な取調べ状況が明らかになったこと
  • 即時抗告審で開示された証拠から新たなねつ造が明らかになったこと
  • 取調録音テープに関する供述心理学鑑定も袴田巌さんの無実を推認する新証拠であること

等を論じています。
2014年3月から約4年に及んでいる即時抗告審も、これでほぼ結審しました。年度内には(2018年3月までには)東京高裁の決定がでる見通しです。

「ヒロシマ市民の描く原爆絵画展」のお知らせ

私が事務局長を務めている原爆絵画展所沢実行委員会は、2017年8月4日(金)から6日(日)の間、所沢市小手指市民ギャラリーエバー(西武池袋線小手指駅北口徒歩2分)において「ヒロシマ市民の描く絵画展」を開催します。
f:id:hidenorikato:20170802010017j:plain
この絵画展は、1974年5月に一人の被爆者が被爆体験を描いた絵画をNHK広島に持込んだことを発端にしています。この絵画がきっかけになり、NHK広島に膨大な数の被爆者の絵画が集められることなりました。1974年8月には最初の原爆絵画展が広島平和記念資料館で開催され、約2万人の来場者を集めたそうです。一連の運動については、1975年にNHK広島がドキュメンタリー番組『市民の手で原爆の絵を』を製作しています。
www.nhk.or.jp
現在、集められた絵画は、広島平和記念資料館の運営主体である広島平和文化センターが保管しています。各地の市民団体が広島平和文化センターから絵画の貸出しを受け、原爆絵画展が開催されています。
所沢での原爆絵画展は長らく途絶えていましたが、所沢やその近隣の方々にも被爆者の描いた絵画を見ていただこうと、2014年に実行委員会が立ち上がり、所沢での原爆絵画展を開催しました。毎年8月に開催しており、今年で4年連続の開催です。
当日は、被爆者の描いた絵画60点が展示される予定です。広島平和文化センターからは毎年異なる絵画が貸し出されていますから、昨年までの会場に来てくださった方々も目にしたことがない絵画をご覧いただけることと思います。
2017年7月7日、国連本部での会議で核兵器禁止条約が採択されたのは、記憶に新しいことです。広島と長崎での原爆投下から約72年を経て、核兵器国際法上違法であることが明確になりつつあります。核のない平和な世界の実現のためにほんのわずかでも力になるために、今年も原爆絵画展を開催いたしますので、お近くの方々は会場まで足を運んでいただけると幸いです。